スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰してます

久しぶりにブログを開けました。

子どもの学校行事に忙しく、あれま!って程に

時間が過ぎて行きました。。。。


子どもは6月14日から学校がお休みで

もう夏休みです。

2カ月半程の夏休みは長い!

すでに子ども疲れしてます。

楽しいですけどね。


7月に入れば、サマーキャンプが始まり、

子どもたちは、さらに楽しむことでしょう。


以前もお伝えしていますが、

こちらは、長い夏休みに

普段ではしにくいような経験が

サマーキャンプでできるので

子どもたちの成長・経験には

すごく良いと思います。


サマーキャンプは大体

スプリングホリディ(大体1週間くらい)が

終わった頃から

申し込みが開始になります。

人気のものは

開始と同時に受け付け終了となるので、

時期を逃さないように

しないといけません。

まるで人気のアーティストのライブチケット購入のようです。

コースも大体1週間でひとくくり、

たまに2週間と言うのもあります。

また、ある程度の年齢になると

お泊りで1週間キャンプと言うのもあります。


ここでは、お勉強ができるだけでの評価だけでなく、

どれだけ社会に貢献する人間かも評価の対象ですので、

キャンプには

リーダーシップを育てるカリキュラムのものも

あります。


確かにお勉強ができることと、

それを実際社会の中で使えるのとは比例していませんので

大事だと思います。


今回はうちの子たちは、

去年からはまっている

ボルダリング・ロッククライミングキャンプと

マッド・サイエンスのキャンプに

行く予定です。


楽しんで来てくださいね~


スポンサーサイト

友達

こちらで仲良くしてもらっている日本人の友達と

最近良く遊んでもらってます。

彼女は結構長くカナダにおり、一人息子がいます。


昨夜もうちに来ており今朝までいました。



最近、その友達とはまっていることがあります。

それは、以前にもこの場で

お話しましたが、

変わった(日本人にとって)物を

料理して食べることです。


その友達は、私と出会うまでは


変わったものを食べなかったそうですが、

ひょんな会話から、

うちら2人とその息子のひそかな楽しみとなってます。




役割分担がすでに成立しており、

彼女が、よく珍しい食材を見つてくるのです。

うちは、見つけようとするのですが、

なんでだか、なかなか見つけれない。


友達曰く、


じっくりゆっくり買い物しないからでは?



と言われます。

言われてみると、確かに・・・・

子どもと一緒だと、

彼らの店での行動に目を見張らせているし、

一人だとちゃっちゃと必要な分を買うだけ・・・


まあ、そういうことで、


彼女が買いだし担当となっています。


彼女が珍しい食材を見つけると、

うちに連絡が入り、合意のもとで購入してくれます。

と言うのも、うちが料理担当ですので。


そして、数日内に珍料理会が開催されます。



そう、昨日もその会があり、

今回は


アヒル


でした。


お恥ずかしいですが、

アヒルと鴨は一緒ということを


今回料理するまで知らなかった私です。



それはさておき、


今回は北京ダックに挑戦。

みんなで堪能しました。



そして、子どもたち(上の子と友達の子)は


二人で


どちらがいつまで起きてれるかと言う賭けをし、


結局朝まで対決。

二人とも寝ることもなく、

親がしびれを切らし

対決終了となりました。。。。


お金(5ドルですが)をかけていたようで、

子どもなれども、お金が絡むと必死になるようです・・・・


少し悲しいですが。











週末続き

今となっては先週末のことです。

土曜のマラソンが終わってから、友人と急遽一泊旅行にいくことにしました。


行き先はというと、

PEI(プリンス・エドワード島)。

ここは、知っている人は「ああ~」と思うと思いますが、

「赤毛のアン」のモデルになったところです。

作者の生まれ育ったところで、

赤毛のアンの世界を体感しに

沢山の日本人が訪れるところです。



5月末は、まだシーズンに入る前のオフの時期でしたが、

気候はもう夏日ですし、何よりもコテージなどは半額で安いので

行くことにしました。


ちなみに泊まったコテージは2ベッドルームで$80(約八千円)で

五人で泊まりました。

コテージは農場が経営していたので、

子どもたちは牛の乳しぼりを経験できたりと、

かなりアットホームな所でした。




そして実は、私自信あまり「赤毛のアン」に興味がなく、

なので今まで行ったことが無かったのですが、

友人の勧めで、行ってみました。


それが、すごく素敵な場所で一気に気に入ってしまいました!


アウトドアの好きなご家族はすごく楽しめるところと思います。



5月だったのでタンポポが一面に咲いており、

グリーンと黄色が一面に広がり

すごくきれいです。




そして、この島は鉄分の含んだ土でできているため、

土は赤い色をしているのです。

赤とグリーンとのコントラストもすごくいい感じでした。




高い山もなく、穏やかな丘、大地が広がり、

その表面をグリーン・赤・黄色が多い尽くしていて、

綺麗なコントラストが広がっています。


また、気温も高かったので、

子どもたちは、赤いビーチで水遊びを楽しみました。



このビーチは国立公園の中にあるのですが、

シーズンオフなので、入場料もタダでした。

また、ドライブコースもあり、

絶景を見ることもできました。


そして食事です。

昼は、コテージに有ったバーベキューのコンロで、

牛肉と野菜を焼いて食べました。


夕食は、近くのフィッシャーマンズレストランに行きました。


ここは、結構有名なところらしいです。

また、PEIはロブスターや牡蠣などのシーフードで

有名なところでもあります。


ここは、メインを注文するだけで

あとはドリンクもサラダバーもあり、好きなだけ頂けます。

サラダバーには、いくつものサラダのほかに

数種類のライスやパスタ、

シュークリームやケーキ等のデザートもありました。





今回、うちらはシーズンオフにいったので、

ガス台も含めて5人で$500もかからない旅行でした。

すいてはいましたが、お店も閉まっているところもあったりして、

おそらく、シーズンにはお金がかかりますが、

それ以上に楽しむことができると思います。

Blue Nose Marathon/マラソン

しばらくブログが書けずに来てしまいました。

あやうく、三日坊主で終わるところでした・・・・


ところで、


先週末は、今週月曜がヴィクトリアディでお休みのため

三連休となっており、

このお休みをすべて使い有意義に過ました。



このお休みの件は、2回にわたってお伝えしようと思います。



まずは、土曜日。

ブルーノーズマラソンに子どもたちが参加しました。


↓ ↓ ↓ これが参加者全員に配られるTシャツです。 




このマラソンのイベントは、毎年5月にあり結構大きくて

他の州からも参加者が来ています。

土日の2日にわたって開催され、何千人と参加するようです。

コースもいろいろで、

子ども用4.2km、大人用に5km・ハーフ・フルマラソンとあります。

みなさん自分に合ったコースを選び、

楽しむようです。

誰でも参加しているようで、

小さな子では、幼稚園に入るか入らないかの

年の子も親御さんたちと一緒に

参加しています。


このマラソンの大会の時もそうですが、

日常の中でも思うことは、

カナダの人は走る(ランニング)のが

好きなんだなあと思います。

小さな子からお年を召した方まで

よくジョギングしているのを見かけますし、

この大会にも小さな子が親子で何組も参加しているので。



初日の土曜は、子どものための日です。

うちの子ども2人とも今年は参加しました。


↓ ↓ ↓ がスタート地点の写真です。


沢山の子どもたちが参加しています。

というのも、学校を挙げて参加しているところも多く、

学校自体が、

このマラソンのプログラムに参加しているところもあれば、

学校でグループを作って参加しているところもあります。


かの言う、うちの子どもたちも学校のマラソンのグループから

参加しました。


子どもたちは学校で、

約1カ月前から、ランチタイムにマラソンの練習を開始。


このブルーノーズに向けてコツコツと練習していました。

なので、子どもたちはすごく楽しみにしていました。


しかし、私はと言うと・・・・・

保護者として、子どもたち(特に下の子)について

走らなければならなかったのです。

4.2km.....

最近何も運動と言うものをしていなかった私には

少しきつかったですが、

子どもと一緒に走ると言う機会も

こんなときにしかないので、頑張りました。


走る楽しみが分からない私ですが、

子どもたちやその親御さんたちと

一緒に走るのは、少し楽しかったです。


マラソンのゴール地点には、

バナナやジュース、クッキーなんかが

置いてあり、それを頂き

この後はゆっくり過ごしました。


高校時代以降、

ジョギングなんてしなかった私に

この日は拍手を送りました(笑)




sea glass

最近気候も良くなり、

子どもたちとよくビーチへ「sea glass」を

探しに行きます。





「sea glass」と言うのは、海辺に流れ着いたガラスで


海で漂っている間に表面が削られ、くもりガラスのようになっています。


それらのグラスは、最近のものから昔のものまで様々です。

まあ、1980年以前のものもあるようです。

沈んでしまった船から流れ着いた物もあり

こちら大西洋やバミューダ海域に接するビーチとか多いようです。

オーストラリアも結構聞きます。

要するに海の中にガラスが落とされ、海岸に流れ着いたものなので

多かれ少なかれ、どこでも取れるとは思います。


小さいのから、それなりに大きいのがあり、

また良く見つける色は、

半透明・緑・茶色

でたまに、

水色・ピンクなんかも。

うす紫、青とか黒っぽいのを見つけると

珍しいので

テンションが上がります!


子どもたちが

これは「タイタニック」かその辺の時代のかも?と

夢を膨らませながら話しているのを見ると

ガラスにストーリーを感じます。




またこちらの人は、このガラスで

アクセサリーや飾り、ランプなんかを作ったりしています。

写真は無いですが結構、いい感じですよ。




今シーズンは、「sea glass」を

親子でコレクションしてみようかな?

プロフィール

mikamikashin

Author:mikamikashin
内科医をしながら日々忙しくしていました。しかし、思うところあり、仕事を辞めてカナダに親子で海外逃亡。お金はないけど、子ども二人と楽しく生活を送っています。日本じゃ分からないいろいろな文化にふれて、日々新しい発見で、ワクワクしながら過ごしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。